葵祭2020のルートや日程は?アクセスや穴場の観覧席を紹介します

葵祭2020のルートや日程は?アクセスや穴場の観覧席を紹介します

毎年大賑わいの葵祭!

今年2020年も例年通り行われる予定になっています!

そこでこの記事では

・2020年葵祭のルートや開催日程紹介

・アクセスや駐車場情報

・おすすめな観覧席情報

・便利なツアーの紹介

こんな感じの内容になっておりますのでぜひ〜

葵祭2020のルートを詳しく解説します

旅ネコ
旅ネコ

当日はどんなルートなんだろう?

見やすい場所があったりする?

そんな悩みに答えて行きますよ!

葵祭2020のルート

まずは全体のルートを確認しておきましょう。

京都御所 出発

堺町御門

丸太町通

河原町通

下鴨神社 到着

<社頭の儀・昼休憩>

下鴨神社 出発

下鴨本通

洛北高校前

北大路通

北大路橋

賀茂川堤

上賀茂神社 到着

地図に載せた通り、2020年の葵祭はざっとこんな感じで通っていきます。

これからの大きな変更はないと思いますよ〜

葵祭のルート上の見やすい場所紹介

葵祭の見やすい場所やタイミングと言ったら、やっぱり午後!

午前中の各所は人も多く、例年見にくい場所が多いですが、午後になってくると人が徐々にまばらになってきます。

その中でも北大路通あたりが見やすい場所と言えるでしょう。

お金をかけず近くで楽しむことができますよ。

葵祭のルート上にあるおすすめの場所

当然見やすい場所である北大路通もおすすめですが、もう一つのおすすめ場所があります!

それが、

北大路橋を超えた先

賀茂川の沿道

です。

こちらも人がまばらになってきて見やすくなりますし、道幅がそれほど大きくないので、道路沿いの椅子やベンチに腰かけて行列を楽しむと言うのも可能になってきます。

当然無料ですよ〜

葵祭の行列が見やすい場所

・北大路通

・賀茂川沿道

葵祭2020の日程やスケジュールは?前戯も合わせて紹介

2020年の葵祭の日程やタイムスケジュールを紹介していきます。

また、葵祭に前戯の祭がいくつも存在します。

スケジュールを合わせて紹介するので、気になるあなたはぜひチェックしてみて下さいね!

葵祭2020の日程は?

2020年の葵祭は

5月15日金曜日

に開催されます。

雨の場合は、5月16日に延期です。

旅ネコ
旅ネコ

両方雨だと中止みたい・・・

2020年の葵祭の開催日程は例年通りですね。

曜日に関係なく毎年5月15日に開催!

葵祭2020の開催時間は?

タイムスケジュールも確認しておきましょう。

京都御所出発・・・・10:30

下鴨神社到着・・・・11:40

<行列休憩・社頭の儀>

下鴨神社再出発・・・14:20

上賀茂神社到着・・・15:30

およそ8kmの距離をゆっくり進みます。

体力自慢なら行列についていくのも良いですが、見やすい場所で見続けると言うのもありですよ。

葵祭の前戯のスケジュール紹介

5月15日の葵祭は鳥のようなもので、それの前にいくつかのお祭りが開催されます。

見応えのあるものばかりなので、チェックしてみて下さい!

献香祭

日程・・・4月25日

時間・・・10:00

場所・・・上賀茂神社

献香祭(けんこうさい)

葵祭の無事を祈願する催し。

お香によって清めます。

賀茂競馬足汰式

日程・・・5月1日

時間・・・13:00

場所・・・上賀茂神社

賀茂競馬足汰式(かもくらべまえあしぞろえしき)

5月5日に行われる賀茂競馬の予備行事。

2頭の馬を競馳(実際に走らせる)させます。

流鏑馬神事

日程・・・5月3日

時間・・・13:30

場所・・・下鴨神社

流鏑馬神事(やぶさめしんじ)

流鏑馬は有名ですね!

葵祭の道中の無事を祈りお祓いする儀式。

斎王代禊の儀

日程・・・5月4日

時間・・・10:00

場所・・・上賀茂神社

斎王代禊の儀(さいおうだいみそぎのぎ)

斎王代や女人に選ばれた女性たちが身を清める儀式。

例年五十人程ですね。

賀茂競馬

日程・・・5月5日

時間・・・10:00

場所・・・上賀茂神社

賀茂競馬(かもくらべうま)

前戯の中では一番盛り上がると言えるのではないでしょうか。

特に馬と馬が競り合う競馳に注目。

本気で走る馬の迫力は圧巻です!

有料席も毎年ありますよ〜

歩射神事

日程・・・5月5日

時間・・・11:00

場所・・・下鴨神社

弓矢を用いて沿道を清める催し。

平安時代の「射礼の儀」が起源とされる歴史の長い行事と言われています。

献茶祭

日程・・・5月7日

時間・・・10:00

場所・・・下鴨神社

茶を神に献上し、葵祭を祝い、神の御心を和める催しとなっています。

献花祭

日程・・・5月10日

時間・・・13:30

場所・・・下鴨神社

生花を生け、神前に備える儀式。

鴨の大神を慰める葵祭の前儀となっています。

御蔭祭

日程・・・5月10日

時間・・・9:30

場所・・・下鴨神社

日本最古の神幸列。

前戯の中では最も盛大に行われます。

比叡山西麓にある御蔭神社から葵祭の神霊を迎える重大な催しとなっています。

葵祭

これらの祭を経て、葵祭りが開催されると言うわけです。

遠方の人は全部に行く事は難しいかもしれませんが、楽しそうなお祭りがいくつもありましたね!

葵祭2020の観覧席を紹介します

無料で参加したい場合は観覧席はそれほど気にする必要はないですよ〜

観覧席は?どこでみる?

一般の参加に観覧席という概念はありません。

基本的に沿道で自由にみることができますよ。

上で紹介中の2020年の葵祭が見やすい場所も参考にしてみてください。

葵祭2020には有料観覧席もあり

2020年に限らず、葵祭には有料観覧席があります。

有料観覧席を利用することで、行列を間近で座って見ることができます。

2020年の葵祭は

・京都御苑

・下鴨神社参道

の2カ所で有料観覧席が設置される予定となっています!

有料観覧席の料金

気になるのは料金ですよね。

葵祭の場合どちらの席も

2700円

となっています。

オプションとして英語解説付きの席が京都御苑のみ設置されますが、こちらの場合4300円となります。

有料観覧席のチケットや参加方法は?

有料観覧席は事前にチケットを購入しておく必要があります。

ローチケなどで購入し参加可能です。

もちろんオフィシャルサイトでも購入可能!

他の方法としては、ツアーに参加するという方法もあります。

ツアーについては下の方で紹介しているので要チェックですよ〜

葵祭2020の穴場や見どころを紹介!

これまで2020年の葵祭の見やすい場所を紹介してきましたが、ここでもう一度穴場や見所を確認しておきましょう!

葵祭の見どころ

葵祭の見所はなんといっても豪華で壮大な行列。

京都市内のど真ん中を平安時代貴族の装束を再現した500人の行列が巡行します。

圧巻の一言です。

これを見ない手は絶対にないですね!

葵祭の行列観覧の穴場!

改めて2つの穴場を紹介します。

どちらも午後行列のポイントです。

北大路橋

やはりこのあたりになると見やすい!

人がいないと余裕を持って見られますね。

さらに橋の上ということで、遮るものが街中に比べて少ないので、行列が見やすいというのも穴場ポイントの一つです!

御薗橋

こちらも橋です♪

人が少なくなり開放的な場所。

観光客は少なめで、京都在住の方々が見にくる穴場スポットとなっています。

葵祭2020へのアクセス方法を解説!

葵祭の要所へのアクセス方法や車で行く場合の駐車場情報も確認しておきましょう!

要所へのアクセス方法

それぞれ見て行きます。

京都御所へのアクセス

・地下鉄烏丸線「今出川駅」から徒歩5分

・市バス「烏丸今出川」から徒歩5分

下鴨神社へのアクセス

・京阪本線「出町柳駅」から徒歩7分

・市バス「下鴨神社前」から徒歩2分

上賀茂神社へのアクセス

・地下鉄烏丸線「北山駅」から徒歩15分

・市バス「上賀茂神社前」から徒歩1分

京都市内にあるということで、アクセスが非常に悪いところはありませんでしたね。

どちらかと言えばバスの方が便利

といった感じです。

各地の駐車場情報も紹介!

公共交通機関を使わない場合は、駐車場情報が気になりますよね!

各要所付近の駐車場をまとめます。

京都御所付近の駐車場

下鴨神社付近の駐車場

上賀茂神社付近の駐車場

葵祭2020の便利なツアーを紹介します

葵祭は非常に大きなお祭りなので、様々なツアーが組まれています。

有料席で優雅にゆったり楽しむツアーがおすすめです。

2020年の葵祭のツアーについてはツアー会社を見た方が早いですね。

👉葵祭2020のツアーはこちら

葵祭2020のルートや日程、アクセスや穴場の観覧席を紹介!まとめ

盛りだくさんの内容でしたがいかがでしたか?

非常に心配ですが、このまま開催されて欲しいものですね!

葵祭2020

楽しみに待ちましょう〜

👉葵祭2020年のツアーの予約はこちら

この記事を書いた人
k10

まんが王(を目指す)k10ですv(=_=

顔文字が好きで、頻繁に出てくる(・ρ・)

読みにくいなと感じてしまう人もいるかも

知識豊富なあなた!
『こいつ何も知らないな』
って思ったら、ガンガンコメントくださいね♪

*2020年3月時点の情報なので

詳しくは公式サイトをチェック!

葵祭
なんでも屋ドットコム

コメント