《鬼滅の刃》ネタバレ167話感想考察!実弥の稀血が鍵!?→168話

鬼滅の刃 ネタバレ 167話 感想 考察ネタバレ
k10

柱vs上弦ノ壱ψ(`∇´)ψ

前回の鬼滅の刃166話で、弟の窮地に駆けつけた風柱の実弥。

正直まだまだ厳しそうですが、どうなって行くのでしょうか?

鬼滅の刃167話のネタバレを中心に感想や考察なんかもやっていきますよ!

《鬼滅の刃》ネタバレ167話!剣技のぶつかり合い

月の呼吸 伍ノ型「月魄災禍(げつばくさいか)」

刀を振らずして、無数の斬撃を放つ黒死牟。

それに対して実弥も反撃。

風の呼吸 参ノ型「晴嵐風樹(せいらんふうじゅ)」

黒死牟は冷静に分析する余裕がある。

k10

まだまだ本気じゃなさそうですね(*’-‘)

対して実弥は変則的かつ速く重い攻撃だと理解しながら、

おもしれぇ…!おもしれぇぜ!!

殺し甲斐のある鬼だ!!!

そんな風に気を高ぶらせる。

風の呼吸 弍ノ型「爪々科戸風(そうそうしなとかぜ)」

実弥が刀を振り下ろすといくつもの斬撃が襲う。

ギャゴ

ガキュ

ガギギギギ

風の呼吸と月の呼吸。

互角のぶつかり合いが続いているように見えるが、表情1つ乱さない黒死牟に対して、満身創痍に近づいてきている実弥。

k10

やっぱり実力差は明らか( ˘・з・)

《鬼滅の刃》ネタバレ167話!実弥の作戦!?

風の柱とも…

剣技を高めあった…

今の状況が昔のこと重なる黒死牟。

月の呼吸 陸ノ型「常夜孤月無間(とこよこげつむげん)」

広範囲を切り裂く石芝生の斬撃。

実弥は刻まれ、大量に出血してしまう。

k10

これは完全にヤバそう(゚д゚)

フウッ

フウッ

勝ちを確信する黒死牟だったが、

ドクン

自分の脈拍が上がっていることに気づく。

そして、満身創痍な実弥の攻撃に対してもうまく動けないのだった。

「俺の血の匂いで鬼は酩酊する」

「稀血の中でもさらに稀少な血だぜ」

「存分に味わえ!!」

《鬼滅の刃》ネタバレ167話!まとめ

一進一退の攻防かのようにも見えましたが、やはり黒死牟は余裕があり、実弥が押される結果に。

剣技自体では、黒死牟に及ばない実弥でしたが、稀血が効いてますね。

通常の稀血は鬼にとってメリットが多かったのですが、実弥のはより稀少でと言うことで、効果が強すぎるが故に害を与えると言う感じなのでしょうかね。

この流れでも、実弥だけで黒死牟を倒すのは荷が重いと思われるので、次回は助っ人が来てくれるのではないでしょうか。

鬼滅の刃168話に続きます。

《鬼滅の刃》ネタバレ166話<<

>>《鬼滅の刃》ネタバレ168話

ゲオTV今だけ無料体験中

*2019年12月時点の情報なので

詳しくはU-NEXTのホームページをチェック

コメント