《君が僕らを悪魔と呼んだ頃》13巻ネタバレ感想!

君が僕らを悪魔と呼んだ頃 ネタバレ 感想 13巻ネタバレ
k10
k10

悠介どうなっちゃうの?

君が僕らを悪魔と呼んだ頃12巻で米村に打たれてしまった悠介。

非常にまずい状態となっています。

ラストが近い気がしますね。

果たしてどんな展開があるのでしょうか?

君が僕らを悪魔と呼んだ頃13巻のネタバレが中心になっていますよ!

《君が僕らを悪魔と呼んだ頃13巻》133話ネタバレ!

うわ

これ・・・

俺の血か・・・?

打たれた腹部を触って、ついた大量の中を見て驚く悠介。

そんな悠介に蒼志が駆け寄り、とっさに守ろうとしたけど守れなかったことを謝る。

そういう蒼志に悠介は、ヘラっと笑って

お前が守んなきゃいけないのは…家族だろ?

俺なんかほっとけっての…

と返すが、蒼志は

「ユースケさんのことを家族だって・・・」

と涙を流す。

そんな蒼志を米村が再び狙う。

ガンッ

それを会澤が金属バットで殴り阻止する。

ちゃんと把握してなかったみたいだから

教えとくよ

僕らの遊んだゲームのルール

それは「殺さない」こと

そうニコッとして話したかと思うと、目の色を変えてタコ殴りにするのだった。

恩田はそんな会澤を止める。

会澤は悠介に近寄ると、蒼志を蹴飛ばしてどかす。

何?

まさかほんとに

これでゲームオーバーなわけ?

つっまんね〜

そして、悠介の胸ぐらを掴んだかと思うと、血相変えて畳み掛ける。

こんなラスト僕は認めない!!

絶対に認めないから!!

なんとか言えよユースケェ!!

自分勝手な言動とは裏腹に、その表情は悠介を失う焦りに満ちていた。

「結局この10年なんだったんだろうな」

言葉を絞り出す悠介。

心を改めたとか関係ねぇ

神様は俺を許す気なんてなかったんだ

俺がこの罪を犯したその瞬間から…

これは罰だ

結局誰も救えない。

唯一許しを与えようとしてくれた一ノ瀬との約束も果たせず、銃弾一発で死んでしまう。

そのことを悠介は嘆くのだった。

これこそが本当の罰だ・・・

それならそれでいい

・・・でも

なぜもっと俺を早く死なせてくれなかったんだ・・・?

俺が言うのもなんだけど

あんた性格悪いよ

神様────・・・

《君が僕らを悪魔と呼んだ頃13巻》134話ネタバレ!

場面は電車での移動中。

ヒゲを生やした男が、誰かと話している。

その男は右手の穴からギョロっと覗き込んでくる。

ほーらこの通り!きれいなまんまるでしょう!?

この男は20年後の会澤だった。

自分でもこの穴は気にいっていて、形を維持しているとの事だった。

けれどもこの穴を開けた友はもういない

ご存知でしょう?

20年前のあの夜

悠介は確かに死にました

ボクに1つだけ謎を残して・・・

回想

悠介は救急車に運ばれていた。

蒼志はそんな悠介に泣きながら声をかける。

俺 まだ言ってない

ありがとう

──って

ずっと俺たちのこと見守ってくれて

ありがとうって

──だから

だからユースケさん

同乗者を求められた際に手を挙げたのは会澤だった。

k10
k10

蒼志のお別れ終了

あい・・・て・・・・・なァ

一目・・・・だけ・・・も

薄れゆく意識の中、悠介はそう口にした。

それを聞いて「どうせ一ノ瀬さんでしょ」と決めつける会澤。

しかし

・・・ミレ・・・

元気・・・か?

スミ・・・レ・・・

会澤は驚きを隠せなかった。

誰だよ

気になるじゃん

ねぇ?ユースケ

その言葉は届かず、そのまま悠介は息を引き取ってしまったのだった。

享年28歳・・・

回想終わり

誰よりも悠介のことを知ってるはずの自分が知らない名前が出てきて悔しかったなぁと話す会澤。

そして20年間「スミレ」というやつを探し続けたのだった。

手がかりは悠介と会澤が接触していなかった空白の5年間。

しかしいくら探しても何一つつかめない。

それでボクは悟ったのさ

最初からスミレなんて人間は

この世に存在しないんだ・・・って

そうやって自分を納得させた会澤。

20年もかけて・・・

こうしてあなたが目の前に現れるまではね

岡崎菫さん

会澤はスミレに問う。

君は一体ユースケのなんなんだ?

するとスミレはニヤリとしたような笑みを浮かべて答えるのだった。

娘だと聞かされました

亡くなった母から

悪魔と呼ばれた男の娘だ──…と

フフッ

《君が僕らを悪魔と呼んだ頃13巻》135話ネタバレ!

回想からスタート。

斎場で1人シャボン玉を吹くスミレ

そこに姉が心配して話しかけてくる。

いい年した女が

そんなマイペースで

ジャーナリストとして食べていけるの?

多分大丈夫だと返すスミレ。

私・・・

気になったら納得するまで調べなきゃ

気が済まないタチだから

姉に今気になってることを聞かれ答える。

1度も会ったことがない私のお父さん

斎藤悠介

お母さんが死ぬ間際まで私にずっと

悪魔だって言い聞かせていた人

私が知りたいのはそのことだけだよ

回想終わり

それが1年くらい前のことです

スミレが話していた相手は一ノ瀬だった。

これまで会ってきた悠介の知り合いと同様

ほんとに実の娘なの?

と問われるスミレ。

しかし一ノ瀬は、スミレのヘラっとした表情を見て、悠介の娘だと確信する。

それがわかった途端急に涙を流す一ノ瀬。

それをみて疑問に思うスミレ。

何が悲しいんですか?

彼の死からもう20年も経っているのに

私が今まで会ってきた誰もが

斎藤悠介の死を受け入れられずにいる

みんながみんな

彼にあの死に方は決してふさわしくない

とでも言うかのように・・・

それに答える一ノ瀬は若干取り乱す。

なぜそんなにいくつもの偶然が重なったの!?

なぜ!?

なぜ!?

そうやっていくら問いかけても答えはたった1つ

あれは天罰だったんだ

いくら私1人が許しを与えようとしても

神様は罪を犯した悠介を

許さなかったんだ…って

それでもまだ分からないでいると言う。

わからない・・・

私たちは何もわからない

20年経った今でも・・・

それを聞いて答えるスミレ。

たとえ天罰で殺されたとしても

斎藤悠介の命に意味はあった・・・

私はそう信じていますよ

固く・・・

《君が僕らを悪魔と呼んだ頃13巻》136話ネタバレ!

…意味は…あった…?

あまり理解ができないでいる一ノ瀬に対して、スミレは確信を持っている様子。

少しして一ノ瀬はクスクスと笑い出す。

あなた私を馬鹿にしてるの?

私 知ってるのよ?

悠介のこと

少なくともあなたよりはずっと…

中学の頃、そして再開したときの悠介。

すべて自分で感じてきたことだという一ノ瀬。

ただ血がつながっていると言うだけで

直に彼と触れ合ったこともないあなたに

悠介の何がわかるっていうの?

ねぇ!?菫さん

そういう一ノ瀬の表情は穏やかではない。

少し間を置いて答えるスミレ。

みなさんの

あなたの知らない空白の5年間を

私は知っている

少しだけ私の話に耳を傾けてくれませんか

私がこの世に生を受けることになった

父と母の物語を…

それを聞けばきっとあなたもわかるはず

斎藤悠介と言う1人の人間が生きた意味が…

ここから回想

28年前

k10
k10

悠介は18くらい

蝉が忙しなく鳴く夏空の下。

立派な家の前に座る1人の女性がいた。

…何してんの?お母さん

そう言う娘はこの頃小学生のスミレの姉「アオイ」

母は、1人で家に入る気になれなくてずっと待ってた、と話すのだった。

『姉曰くこのときの母は壊れていた』 

『広い家で1人なのを異様に怖がっていた』

2人で暮らしている様子の親子。

…もうすぐ夏休みねぇアオイ

いっぱい遊んでいっぱい思い出作ろうねぇ

お父さんの分までいーっぱい

昼はまだ大丈夫。

しかし夜になると娘がいようとも、最愛の人の不在を否応なしに思い出してしまうのだった。

夜風に当たりに行こう───

そう言って1人で夜道に出る母。

そこで人が人を一方的に殴る光景を目にする。

ホラ!返事は!?

ハイって言えよ

ハイって

殴られている側はもう意識もない様子。

後に母は出会いをこう話してくれました

悪魔だったと

悪魔にしか見えなかったと

あの時の父は────

《君が僕らを悪魔と呼んだ頃13巻》137話ネタバレ!

👉>>最新137話の詳細はこちら

《君が僕らを悪魔と呼んだ頃13巻》138話ネタバレ!

138話が公開され次第の更新です!

《君が僕らを悪魔と呼んだ頃13巻》139話ネタバレ!

139話が公開され次第の更新です!

《君が僕らを悪魔と呼んだ頃13巻》140話ネタバレ!

140話が公開され次第の更新です!

《君が僕らを悪魔と呼んだ頃13巻》141話ネタバレ!

141話が公開され次第の更新です!

《君が僕らを悪魔と呼んだ頃13巻》142話ネタバレ!

142話が公開され次第の更新です!

《君が僕らを悪魔と呼んだ頃13巻》143話ネタバレ!

143話が公開され次第の更新です!

《君が僕らを悪魔と呼んだ頃》13巻ネタバレ感想!まとめ

公開され次第、随時更新していきますよ!

ブクマ推奨です

君が僕らを悪魔と呼んだ頃12巻ネタバレ<<

*2020年3月時点の情報なので

詳しくは公式サイトをチェック!

ネタバレ 君が僕らを悪魔と呼んだ頃 漫画
なんでも屋ドットコム

コメント