《君が僕らを悪魔と呼んだ頃》12巻ネタバレ感想!

k10
k10

ラストスパート!?

君が僕らを悪魔と呼んだ頃11巻では、ついに悠介と米村の戦いが終わりに近づいてきましたね。

どんな終わりが用意されているのか!?

君が僕らを悪魔と呼んだ頃12巻のネタバレです

《君が僕らを悪魔と呼んだ頃12巻》122話ネタバレ感想

米村は蒼志を呼び出すために、玄関の扉を激しく叩く。

その米村の顔は酷く腫れ上がっていた。

当然そんな米村をみて驚く蒼志。

米村は、これは悠介の手の者の仕業だと言う。

突然ボコボコにされたのだ、と。

そして、あのボイスレコーダーの音声を蒼志に聞かせて、重ねて悠介の危険性を伝えるのだった。

それを伝えると、米村は帰って行った。

顔の傷については、やはりフェイク。

悠介にやられたように見せかけるためだった。

蒼志は、米村の話そして、悠介の過去についてのデータがあまりにおぞましかったことを茜に伝える。

だがしかし、自分たちの前ではとても優しい悠介なので、今でも葛藤が続いていることを明らかにする。

そんな兄をみて茜は、悠介に以前

何があっても警察は信じるな

と言われたことを伝えた。

どっちを信じれば・・・

そう考えながら茜は泣き出してしまう。

託された蒼志は決意する。

「兄ちゃん決めたから」

「どっちを信じるのか」

そういって笑顔を見せるのだった。

《君が僕らを悪魔と呼んだ頃12巻》123話ネタバレ感想

1月8日 AM6:00

1日が始まる

終わらせるための1日が

朝早くから緑が悠介の元を訪ねてくる。

外に出ると一面雪が降り積もっていた。

緑は笑顔で

「ユキダルマ!!」

と言って家族みんなの雪だるまを 一緒に作ろうと悠介を誘ってくるのだった。

緑の熱意に負けて作り始める。

二人で協力して、蒼志、茜、緑の3人分の雪だるまを完成させた。

そのタイミングで蒼志と茜が起きてくる。

二人とも笑顔でいつもありがとうと言っていた。

悠介のもという緑。

さらに蒼志も、悠介さんはもう家族みたいなもんだからなァ、と。

そして3人で特大の悠介雪だるまを作り始める。

緑は幼いながらも考えていた。

ゆきがとけちゃってもわたしわすれないよ

このかぞく4人がそろったあさを

ぜったいにわすれるもんか──

k10
k10

純粋な好意(*´`*)

嬉しかったよ蒼志

こんな俺は家族だって言ってくれて

急にかしこまった悠介に蒼志がツッコむと、

今夜この街を出る

そろそろ答えを出さなければ

と言う。

そして、一対一で会う約束をするのだった。

部屋に戻った蒼志。

ちゃんと笑えてたかな?

今までと同じように───

そう言いながら携帯を手にして電話をかける。

k10
k10

これは((((;゚Д)))))))

その相手は米村だった。

斎藤が動きました

今夜俺とサシで話がしたい・・・と

ありがとう蒼志君

よく・・・

よく知らせてくれた・・・!!

スポンサーリンク

《君が僕らを悪魔と呼んだ頃12巻》124話ネタバレ感想

電話を続ける米村と蒼志。

米村は蒼志の言ったことを再確認する。

さらに、

そこで君を始末するつもりだろう

と言葉巧みに翻弄する。

蒼志も若干疑いながら信じてる様子。

ずっと護身用のナイフを持ち歩いていたのだ。

何があっても家族を守るのが俺の役目っスから

ありがとう蒼志くん

本当に

本当にありがとう

米村は不気味に笑いながらそう言った。

電話を切った蒼志。

仕事に行くために家を出ると、そこに雪だるまがまだ残っていた。

大きな悠介雪だるまが3人を守るように。

まるで本当の家族のように・・・

そう考えてしまった蒼志は雪だるまを粉々にする。

何が家族だよ!!

こんなもん!

こんなもん!

こんなもん!

悠介の過去を知った途端信じられなくなった自分が嫌になっていた。

雪だるまに乗せておいた悠介の帽子を踏みつけようとしたその時、大量の涙を流していた。

そんな蒼志の葛藤を米村は盗聴していた。

そして一人で物語の終わらせ方を考える。

蒼志を悠介に撃たれたと見せかけて撃ち殺す

その後悠介を蒼志のナイフで刺し殺す

相討ちの構図を作り上げようとしていた。

考え事を終わると、トイレから出て三毛谷の待つ車へと乗り込んだ。

だからこそ俺は今強く望んでいる

日常を

遠くから咲いた花を眺めるだけの

穏やかな日常を・・・

手に入れてみせるさ今夜

必ず・・・

《君が僕らを悪魔と呼んだ頃12巻》125話ネタバレ感想

場面は20年後へ。

k10
k10

また来た(゚д゚)

インタビューする場面。

三つ編みの女性にあの夜のことを聞いていた。

その女性とは茜だった。

あの夜の翌日、戻ってきた蒼志は茜に本当の悪魔は米村だったと言うのだった。

茜は続けて米村の計画について答える。

その流れで悠介のことに触れようとした途端、泣き出してしまう茜。

自分が信じられていたらと嘆くのだった。

そんな茜にハンカチを渡す夫。

外見は加地に似ているようだった。

k10
k10

多分本人( ˙³˙)

あの日の夜 最悪な出来事が起こったことは事実。

蒼志はそのせいで今も苦しんでいる。

「生きていたなら今何をしていたんだろう」

と茜はこぼしたのだった。

《君が僕らを悪魔と呼んだ頃12巻》126話ネタバレ感想

1月8日

PM9:30(雄介との約束の時間は30分後)

ボーリング場に着いた蒼志。

米村に連絡を取る。

米村はすぐ近くに身を潜めていた。

蒼志が米村に、他の刑事はどこにいるかと尋ねると、そこらに潜んでいると伝える米村だったが、当然誰もいない。

米村は蒼志に今回の作戦のおさらいをさせる。

悠介を油断させ近づき飛びかかる。

そしたら警察が一気に取り押さえる。

確認を終えると米村は言った。

「チャンスは一時きりだ」

「私たちの失敗は許されない」

米村は自分の拳銃で全て終わらせると覚悟を決めていた。

PM10:00

そうこうしてるうちに約束の時間になった。

蒼志はこのまま何事もなく、悠介がこの街から去ってくれることを願っていた。

コッ

コッ

コッ

コッ

その想いとは裏腹に悠介は現れた。

距離を保ったまま話を話し始めるのだった。

蒼志は悠介の言っていた答えに言及し、

「もっと近くで話してくださいよ」

と若干不自然に近寄ろうとした。

悠介は話し始める。

しかしその直後違和感に気づく。

「あれ?なんだこの足跡…誰かいるのか?」

動揺する蒼志。

シラを切るが、その足跡はまだ新しかった。

そして、

「隠れてんじゃねぇ・・・」

「出てこいよ」

と、足跡の主に突きつけるのだった。

《君が僕らを悪魔と呼んだ頃12巻》127話ネタバレ感想

悠介が足跡をたどっていく。

ドクン

ドクン

ドクン

その場に緊張が走る。

しかし物陰を見ると誰もいなかった。

米村は足跡を偽装して別の場所に隠れていた。

そして悠介の後ろをとり、殴りかかる。

次の瞬間、

「ハイ残念・・・お見通しだ」

ドボォ

金属バットでフルスイングが米村を襲う。

それをやったのは会澤だった。

倒れた米村に手錠をかける悠介。

米村は蒼志に助けを求めるが、それを止めたのは恩田だった。

恩田の登場に驚く蒼志。

現状を掴めずに混乱する。

「だって俺は刑事さんに」

「ユースケさんが俺のこと始末し・・・」

そんな蒼志に大丈夫だと声をかける悠介。

「お前が無事ならそれだけで」

蒼志が騙されるしかなかったことを見抜いた上で、蒼志を助け出した悠介。

蒼志はうなだれるしかなかった。

「見抜いてたんスか・・・」

「俺がもうユースケさんのこと──・・・」

「その上で・・・アンタは・・・」

米村はわからないでいた。

なぜバレてしまったかを。

そんな米村に答えを突きつける悠介。

「俺が悪魔で」

「お前はただのタヌキだったってことさ」

《君が僕らを悪魔と呼んだ頃12巻》128話ネタバレ感想

悠介に追い詰められはち切れた米村。

完敗だ完敗!!素直に認めよう!

と高らかに笑い出した。

それを見ていた蒼志。

恩田が、しっかり気を持てと言うが、それは無理だと米村に近づく。

米村が計画を話すと、蒼志は唖然とした。

そんな蒼志に立て続けに米村は言う。

君があっさり裏切るとは思わなかったよ

うまく運びすぎて調子づいてしまった

もう少し慎重になるべきだったよ

蒼志はそれを聞いて怒りが頂点に達する。

反抗できない米村を蹴り続けるのだった。

俺がどれだけ苦しんだか!!

どんな思いでユースケさんを裏切ったか

テメェにわかるか!?

そんな様子を見ていた会澤。

手にしていたバットを振り下ろすのだった。

しかしその矛先は米村ではなく蒼志。

ドッ

鈍い音を立てて蒼志が吹っ飛ぶ。

ホンッット嫌いなんだよね

人のせいにして八つ当たりするダサイやつ

その言葉に蒼志は困惑する。

会澤は続ける。

最後にユースケを裏切るって決断したのは君自身だろ?

君は君の意思で裏切ったんだ

恩人であるユースケを

それだけはちゃんと自覚しろ

藤森蒼志

穴のポッカリ開いた右手から覗き見ながらそう言ったのだった。

そんな会澤を悠介は蹴飛ばす。

うまく言葉にできない蒼志に悠介は

お前はいつか俺を裏切る

そんなこと・・・・・

俺は分かっていた

不敵な笑みを浮かべながらそう言うのだった。

《君が僕らを悪魔と呼んだ頃12巻》129話ネタバレ感想

いつから俺が裏切ると気づいてたんスか?

と悠介に尋ねる蒼志。

最初から

お前と出会ったその日からだ

悠介の答えは無情だった。

その答えに納得できない蒼志。

悠介に掴みかかる。

周りに言われたこともあり、悠介は理由を説明し始める。

かつて悪魔と言われていたこと

一ノ瀬に罪の意識を植え付けられて

記憶を全て失ったこと

そこまでは周囲もわかっていた。

ちょうど10年前その失った記憶を取り戻した

まるで実感のない罪の記憶を

実感のないと言う言葉に引っかかる蒼志。

悠介はかつての自分の行いを、かつての自分の記憶を、全て他人事のように感じていたのだった。

・・・クソだよな?

クソすぎるよな?

今でも時々頭をかすめるんだ

俺がやったことじゃない

全部別の誰かが犯した罪だ・・・ってな

会澤は合点がいき大笑い、恩田は黙り込んでしまっていた。

だから悠介は

他人に信じてもらえると思うな

誰かを救おうなんておこがましい

悪魔のくせに

と自分に言い聞かせて生きてきたのだった。

そんな悠介に、ショックを隠せない蒼志。

それが出会った頃俺や茜が感じていた壁のようなものの正体───

しかし蒼志は引っかかることがあった。

なぜ俺達を助けてくれたんですか?

一体どうして!?

と迫る蒼志に悠介は

正直自分でもよくわかんねえんだ

ただ嬉しかったんだ

あの時お前に信じるって言われて

結構嬉しかったんだよなぁ

それだけははっきり覚えている

とそんな風に答える。

たった・・・・

たったそれだけのことで───

答えを聞いた蒼志は困惑するのだった。

《君が僕らを悪魔と呼んだ頃12巻》130話ネタバレ感想

…お…俺……やっぱりわかりません

悠介が信じると言われただけで自分たちの願いを聞いてくれたことが理解できないでいた。

そんな蒼志に悠介は

俺はそれで十分だった

その一言だけで俺はまだ

自分が人間だと思えたんだから

誰かに信じてもらえるに足る

人間なんだ・・・って

最初はすぐに出て行くつもりだった悠介だったが、蒼志達の義父がクソで、その義父殺しの容疑者として米村が蒼志に目を付けたことで完全にスイッチが入ってしまった。

今度こそ必ず守る

これは俺にとって最後の

償いのチャンスなんだ・・・ってな

そう言う悠介は笑い出す。

自分で言ってて反吐が出る

罪が軽くなるなんてことは絶対にない

それでも俺はすがっちまう

生きていていいって言う許しを

悠介そんな言葉を聞いてかつて信じてほしいと言ってきた悠介の姿を思い出す蒼志だった。

それでも今は吹っ切れたと言う悠介。

会澤によって記憶を失った母に会わされた。

その母が「産まなきゃ良かった」と言うのを聞いて、悪魔なんだとみとめられたのだった。

そういった上で蒼志に話す。

だからお前は何も悪くない

答えは最初から1つだったんだ

悪魔を信じられる人間なんて

誰もいないんだって

蒼志は激情がこみ上げる。

違う!!

俺はっ・・・

だって俺はユースケさんを

そう言いながらも心の中では分かっていた。

俺が打ち砕いた

人間として生きていける最後の希望

俺が

これは俺の犯した罪だ

う゛っ

う゛ぅ

う゛ぁあ゛ぁ

あ゛あ゛ぁ

ああああ

う゛わ゛ぁあ゛あ゛あ゛あ゛

あ゛あ゛あ゛あ゛

あ゛あ゛っあ゛あ゛

《君が僕らを悪魔と呼んだ頃12巻》131話ネタバレ感想

>>最新131話はこちら

《君が僕らを悪魔と呼んだ頃12巻》132話ネタバレ感想

132話が公開され次第更新!

《君が僕らを悪魔と呼んだ頃12巻》ネタバレ感想まとめ

公開され次第、随時更新していきますよ!

ブクマ推奨です

*2020年1月時点の情報なので

詳しくは公式サイトをチェック!

ネタバレ 君が僕らを悪魔と呼んだ頃 漫画
なんでも屋ドットコム

コメント