《君が僕らを悪魔と呼んだ頃》12巻ネタバレ感想!

k10
k10

ラストスパート!?

君が僕らを悪魔と呼んだ頃11巻では、ついに悠介と米村の戦いが終わりに近づいてきましたね。

どんな終わりが用意されているのか!?

君が僕らを悪魔と呼んだ頃12巻のネタバレです

《君が僕らを悪魔と呼んだ頃12巻》122話ネタバレ感想

米村は蒼志を呼び出すために、玄関の扉を激しく叩く。

その米村の顔は酷く腫れ上がっていた。

当然そんな米村をみて驚く蒼志。

米村は、これは悠介の手の者の仕業だと言う。

突然ボコボコにされたのだ、と。

そして、あのボイスレコーダーの音声を蒼志に聞かせて、重ねて悠介の危険性を伝えるのだった。

それを伝えると、米村は帰って行った。

顔の傷については、やはりフェイク。

悠介にやられたように見せかけるためだった。

蒼志は、米村の話そして、悠介の過去についてのデータがあまりにおぞましかったことを茜に伝える。

だがしかし、自分たちの前ではとても優しい悠介なので、今でも葛藤が続いていることを明らかにする。

そんな兄をみて茜は、悠介に以前

何があっても警察は信じるな

と言われたことを伝えた。

どっちを信じれば・・・

そう考えながら茜は泣き出してしまう。

託された蒼志は決意する。

「兄ちゃん決めたから」

「どっちを信じるのか」

そういって笑顔を見せるのだった。

《君が僕らを悪魔と呼んだ頃12巻》123話ネタバレ感想

1月8日 AM6:00

1日が始まる

終わらせるための1日が

朝早くから緑が悠介の元を訪ねてくる。

外に出ると一面雪が降り積もっていた。

緑は笑顔で

「ユキダルマ!!」

と言って家族みんなの雪だるまを 一緒に作ろうと悠介を誘ってくるのだった。

緑の熱意に負けて作り始める。

二人で協力して、蒼志、茜、緑の3人分の雪だるまを完成させた。

そのタイミングで蒼志と茜が起きてくる。

二人とも笑顔でいつもありがとうと言っていた。

悠介のもという緑。

さらに蒼志も、悠介さんはもう家族みたいなもんだからなァ、と。

そして3人で特大の悠介雪だるまを作り始める。

緑は幼いながらも考えていた。

ゆきがとけちゃってもわたしわすれないよ

このかぞく4人がそろったあさを

ぜったいにわすれるもんか──

k10
k10

純粋な好意(*´`*)

嬉しかったよ蒼志

こんな俺は家族だって言ってくれて

急にかしこまった悠介に蒼志がツッコむと、

今夜この街を出る

そろそろ答えを出さなければ

と言う。

そして、一対一で会う約束をするのだった。

部屋に戻った蒼志。

ちゃんと笑えてたかな?

今までと同じように───

そう言いながら携帯を手にして電話をかける。

k10
k10

これは((((;゚Д)))))))

その相手は米村だった。

斎藤が動きました

今夜俺とサシで話がしたい・・・と

ありがとう蒼志君

よく・・・

よく知らせてくれた・・・!!

スポンサーリンク

《君が僕らを悪魔と呼んだ頃12巻》124話ネタバレ感想

電話を続ける米村と蒼志。

米村は蒼志の言ったことを再確認する。

さらに、

そこで君を始末するつもりだろう

と言葉巧みに翻弄する。

蒼志も若干疑いながら信じてる様子。

ずっと護身用のナイフを持ち歩いていたのだ。

何があっても家族を守るのが俺の役目っスから

ありがとう蒼志くん

本当に

本当にありがとう

米村は不気味に笑いながらそう言った。

電話を切った蒼志。

仕事に行くために家を出ると、そこに雪だるまがまだ残っていた。

大きな悠介雪だるまが3人を守るように。

まるで本当の家族のように・・・

そう考えてしまった蒼志は雪だるまを粉々にする。

何が家族だよ!!

こんなもん!

こんなもん!

こんなもん!

悠介の過去を知った途端信じられなくなった自分が嫌になっていた。

雪だるまに乗せておいた悠介の帽子を踏みつけようとしたその時、大量の涙を流していた。

そんな蒼志の葛藤を米村は盗聴していた。

そして一人で物語の終わらせ方を考える。

蒼志を悠介に撃たれたと見せかけて撃ち殺す

その後悠介を蒼志のナイフで刺し殺す

相討ちの構図を作り上げようとしていた。

考え事を終わると、トイレから出て三毛谷の待つ車へと乗り込んだ。

だからこそ俺は今強く望んでいる

日常を

遠くから咲いた花を眺めるだけの

穏やかな日常を・・・

手に入れてみせるさ今夜

必ず・・・

《君が僕らを悪魔と呼んだ頃12巻》125話ネタバレ感想

場面は20年後へ。

k10
k10

また来た(゚д゚)

インタビューする場面。

三つ編みの女性にあの夜のことを聞いていた。

その女性とは茜だった。

あの夜の翌日、戻ってきた蒼志は茜に本当の悪魔は米村だったと言うのだった。

茜は続けて米村の計画について答える。

その流れで悠介のことに触れようとした途端、泣き出してしまう茜。

自分が信じられていたらと嘆くのだった。

そんな茜にハンカチを渡す夫。

外見は加地に似ているようだった。

k10
k10

多分本人( ˙³˙)

あの日の夜 最悪な出来事が起こったことは事実。

蒼志はそのせいで今も苦しんでいる。

「生きていたなら今何をしていたんだろう」

と茜はこぼしたのだった。

《君が僕らを悪魔と呼んだ頃12巻》126話ネタバレ感想

>>最新126話はこちら

《君が僕らを悪魔と呼んだ頃12巻》127話ネタバレ感想

127話が公開され次第更新!

《君が僕らを悪魔と呼んだ頃12巻》128話ネタバレ感想

128話が公開され次第更新!

《君が僕らを悪魔と呼んだ頃12巻》129話ネタバレ感想

129話が公開され次第更新!

《君が僕らを悪魔と呼んだ頃12巻》130話ネタバレ感想

130話が公開され次第更新!

《君が僕らを悪魔と呼んだ頃12巻》131話ネタバレ感想

131話が公開され次第更新!

《君が僕らを悪魔と呼んだ頃12巻》132話ネタバレ感想

132話が公開され次第更新!

《君が僕らを悪魔と呼んだ頃12巻》ネタバレ感想まとめ

公開され次第、随時更新していきますよ!

ブクマ推奨です

*2020年1月時点の情報なので

詳しくは公式サイトをチェック!

ネタバレ 君が僕らを悪魔と呼んだ頃 漫画
なんでも屋ドットコム

コメント