《君が僕らを悪魔と呼んだ頃》ネタバレ150話感想!最新話

君が僕らを悪魔と呼んだ頃 ネタバレ 感想 最新話ネタバレ
k10
k10

この先はどうなるの(・・?)

前回の君が僕らを悪魔と呼んだ頃149話で、椿の説得で一度は街に残った悠介。

果たしてどんな展開が?

君が僕らを悪魔と呼んだ頃150話のネタバレや感想なんかをやっていきますよ!

《君が僕らを悪魔と呼んだ頃》ネタバレ150話!詳細

スミレと一ノ瀬の2人からスタート

ビール一杯でぐでぇ〜となるスミレ。

・・・母の言い分は正論です

・・・でも・・・

でも問題はそういうことじゃないそう言いたいの?

遮って一ノ瀬が話す。

スミレは続けて

被害者は納得できないでしょう

自分を苦しめた人間が社会の安定のためにのうのうとと生きていくなんて

・・・ううん

被害者だからとか関係ないですね

誰だって犯罪者が現れれば不安になる

出ていって欲しいと願う

世界は悪魔が悪魔で居続けることを望むんです

迫害し排除している理由を探し続ける

・・・本人がもう

とっくに悪魔じゃなかったとしても

じゃあどうすればという一ノ瀬の疑問にはわからないと答えるスミレ。

でもだから父は

2人に対してあんな結論を出すしか──・・・

回想へ

雨が降りしきる中話す椿と光彦のもとに悠介が現れる。

悠介は置き忘れた椿のバッグを届けにきたのだ。

じゃあこれでと立ち去ろうとする悠介を光彦が引き止める。

いつまでそうやって猫をかぶっている気だ

君は・・・

悠介がとぼけると光彦は続けて

もう街中のみんなが知っているんだよ

君の過去は

一体何を企んでる?

それに対して悠介は、へらへら笑って受け流すと光彦はキレて

・・・何だその顔は

全部お前のせいだろう

斉藤ーッ

ずっと平和だったんだよ私たちは

お前がこの街に来るまでは

お前が何もかも狂わせてしまったんだよ

と馬乗りで殴りながら責め立てる。

悠介はしばらく殴られた後、光彦の拳を受け止める。

確かにあんたの言う通りだ光彦さん

全部俺のせいだよ

どうあがいてもあんたたちの目に映っているものは過去の俺

悪魔と呼ばれていた頃の俺だから

だけど無理だ

いくらその役回りを望まれたって

俺はもう二度と戻りたくない

あんなおぞましい悪魔なんかに

もう傷つけたくないんだ

誰も

何も

真剣な表情でそう話す悠介。

だからもう俺は・・・・・・・・・・

これ以上俺─────・・・・・・・

しかし悠介は言いかけた言葉をそのままに、どさっと倒れて気を失ってしまうのだった。

👉君が僕らを悪魔と呼んだ頃の全ネタバレ

《君が僕らを悪魔と呼んだ頃》ネタバレ150話!まとめ

もちろん今週も引き続き回想シーン。

悠介は心から善良になろうとしているというのがよくわかりました。

光彦にも伝わったはずです。

しかし、だからこそ悠介は街を出ていくと言いそうでなりません。

あの街での悠介はこれからどうなっていくのか?

そこら辺は次週以降わかってくるでしょう!

君が僕らを悪魔と呼んだ頃151話に続きます。

君が僕らを悪魔と呼んだ頃149話ネタバレ<<

この記事を書いた人
k10

まんが王(を目指す)k10ですv(=_=

顔文字が好きで、頻繁に出てくる(・ρ・)

読みにくいなと感じてしまう人もいるかも

知識豊富なあなた!
『こいつ何も知らないな』
って思ったら、ガンガンコメントくださいね♪

*2020年3月時点の情報なので

詳しくは公式サイトをチェック!

ネタバレ 君が僕らを悪魔と呼んだ頃 漫画
なんでも屋ドットコム

コメント