《七つの大罪 神々の逆鱗》ゼルドリスはなぜ協力した?メリオダスの言葉とは

七つの大罪 神々の逆鱗 アニメアニメ

七つの大罪 神々の逆鱗で協力することになったゼルドリスとメリオダス。

あれほど恨んでいたメリオダスに、従う形で協力するゼルドリスに一体何があったのか?

その秘密に迫ります。

《七つの大罪 神々の逆鱗》ゼルドリスがメリオダスに協力

今のゼルドリスとメリオダスはいわば敵対関係。

魔神族の裏切り者であるメリオダスを恨んでいます。

ゼルドリスからしたら当然ですね。

 

しかし、そんなゼルドリスの元に、メリオダスが帰還します。

そして、目的のために戒禁の回収に協力しろと言ってきたのです。

それはつまり、メリオダスが魔神王並みの力を手にすることを意味します。

こんなの承諾するはずないですね。

当然激しい戦闘になります。

しかし、メリオダスがゼルドリスの後ろを取り、なにかを耳元で囁くと、急に協力を了承したのでした。

《七つの大罪 神々の逆鱗》ゼルドリスにメリオダスは何を言ったの?

ここで不思議なのは、何故急に協力できになったのか?ですよね。

師であるキューザックも驚きを隠せません。

接近したあの瞬間になにかがありました。

脅迫?

説得?

そういう魔力?

 

メリオダスに精神系の魔力があるとは考えられませんし、納得はしていないことから、説得されたというわけでもなさそうです。

 

実はこれはのちに判明するんですよね。

ここからは相当なネタバレです。

 

 

ゼルドリスにはかつて恋人がいました。

彼女の名はゲルダ。

魔神王と敵対する吸血鬼一族の一人。

しかし、吸血鬼一族は魔神王に破れ、処刑人であったゼルドリスにゲルダ処刑の命が降ります。

k10

ヒドすぎる(;OдO)

そこでゼルドリスが選んだ答えが封印でした。

処刑したと見せかけて、吸血鬼一族を封印したのです。

その後長きにわたり、出会うことは叶わなかったゼルドリスとゲルダ。

 

そんな中、メリオダスは囁いたのです。

ゲルダは生きている

と。

そして、自分が魔神王になった暁には会わせてやると持ちかけたのです。

それを信じたゼルドリスは、ゲルダのため、メリオダスに協力することを承諾したのでした。

>>七つの大罪アニメが見放題<<

⬆️過去作までまとめて⬆️

《七つの大罪 神々の逆鱗》ゼルドリスが協力した理由まとめ

あの一瞬の間にそんなことがあったんですね。

ゲルダがちゃんと登場するのは、番外編か漫画の終盤になってくるので、「七つの大罪 神々の逆鱗」には登場しないかもしれません。

追加情報が入り次第更新していきますね。

ゲオTV今だけ無料体験中

*2019年12月時点の情報なので

詳しくはU-NEXTのホームページをチェック

コメント