《食戟のソーマ》ネタバレ310話感想!

食戟のソーマ ネタバレ 310話 感想ネタバレ

5月13日発売の週刊少年ジャンプ掲載「食戟のソーマ310話」のネタバレ感想になっていますよ。

《食戟のソーマ》ネタバレ310話 創真の作った料理は!?

「この余韻のまま、もう帰りたい」

審査員にすらそう言わせる朝陽の絶品料理。

余裕な表情の朝陽は、創真にどんな料理を作ったのかを訪ねる。

「チャーハンっす」

そう言って光り輝くチャーハンを披露する創真だった。

料理の場違い感がすごい(*゚∀゚*)

《食戟のソーマ》ネタバレ310話 チャーハンのヒミツは・・・

ただ炒めただけのように見えるチャーハンを作ってきた創真に、批判が集まる。

朝陽も全てにおいて俺の品が上だという。

しかし、そう言った彼自身はチャーハンが妙であることに気付き始める。

頑なに創真のチャーハンを食べることを拒んでいた審査員も、一口食べた途端、雷に打たれたかのような衝撃を受け狂ったようにチャーハンを食べるようになった。

そして、創真が元にした五大料理が判明していく。

・中華料理 トンポーロ

豚肉を調味料で味が染み込むまで煮込み、チャーハンの具にしていた。

仕込みには長い時間がかかるが、炭酸水を使うことで肉の仕込みの時間を半分以下にしたと言う。

・ナポリ料理 アクアパッツァ

魚介の身をほぐして入れている。

魚介類をトマトやオリーブで煮込んだものみたいです

知らなかった└((´э`))┘

・インド料理 ポリヤル

インゲン豆やココナッツを唐辛子やマスタードでピリッと炒めたもの。

・フランス料理 ミルポワ

野菜の甘みをいい感じにプラス♪

そして最後はなんといっても米。

バターで炒め、出汁で炊いた、トルコ料理のピラフに近い米を使った創真。

土鍋で炊き上げることで、ベチャっとしたのを一切感じさせないできになっていた。

このピラフを柱に、他4つの料理を絶妙にマッチさせていたのだった。

ぶつけ合って奇跡的な美味をもたらした創真の料理は、まるで魔王のごとくだと評価を受けるのだった。

《食戟のソーマ》ネタバレ310話 その頃同世代の面々は?

葉山や美作はBLUEににノミネートされてはいたものの、辞退したのだった。

辞退した者たちの思いは、おそらく一つだろうという葉山。

今回の優勝争いは、創真——俺たちの世代の大将に譲ることにすると。

その頃創真は、自分のチャーハンを、えりなの母親で特等執行官である真凪に勧めていた。

母ちゃんとの思い出の料理だと言う創真のチャーハンは、真凪を救うことができるのでしょうか?

《食戟のソーマ》ネタバレ310話 まとめ

審査員からすれば特に意識はしてませんでしたが、私たちからすれば満を持しての登場となった創真の料理。

最初はチャーハンが出てきて、??と思いましたが、さすがでしたね。

めちゃくちゃ食べたくなりました笑

流れ的には、創真の母親との過去が明かされる流れになるでしょうか。

創真の料理は真凪に届くのか?

注目ですね!

>>《食戟のソーマ》ネタバレ311話

この記事を書いた人
k10

まんが王(を目指す)k10ですv(=_=

顔文字が好きで、頻繁に出てくる(・ρ・)

読みにくいなと感じてしまう人もいるかも

知識豊富なあなた!
『こいつ何も知らないな』
って思ったら、ガンガンコメントくださいね♪

*2020年3月時点の情報なので

詳しくは公式サイトをチェック!

ネタバレ 漫画 食戟のソーマ
なんでも屋ドットコム

コメント